帆船の行く手に光る3つの星は、ウルマンの云う青春の3要素、「信念」「自信」「希望」です。
また、ショルダーフレーズとして「青春の詩」の結論に当たる一説を引用しました。

設立趣意

趣意書

不惑の年が近づくと、人は自らが歩んできた足跡に問いかけ始める。ある人は溢れる充実感の中で、ある人は絶望の淵で、それでもこれからの生き方に思いを巡らせる。

そんなとき、「青春」の意味を問う古びた一編の詩が永遠の真実を教えてくれている。

人生の折り返し地点を行く我々にとって、今必要なのはステイタスのゴールでは無く、輝ける新たな未来を切り開くためのスタートラインなのだと。

永遠に理想を追い求める者たちが集える場所は、例えば一艘の帆船の上がいい。遙か彼方で光り輝く水平線を目指し、共に航海を続けよう。

とうとうと続く歴史の中、無限の宇宙の片隅でこの世に生を受け、同じ時代に同じ地域に生き合わせた奇跡に感謝し、社会のために、余すところなく生命を燃焼させその恩恵に報いんとするために、11名の同志とともにここに青春の会「Wonder Ship」を創設する。

平成18年11月6日

ワンダーシップの活動

テーマ


良いところいっぱいの岡山で
良く生きる!
WSという生き方見つけます!

コロナ禍で、ある日突然に当たり前が当たり前でなくなりました。
WSでも例会が開催できなくなりました。
そして、数か月ぶりに集えたときの喜び、楽しさ、ありがたさ、人が集い、会う、話すことが
こんなに嬉しい事なんだ、当たり前の事ではなかったんだと気づかされました。
私たちが今、暮らしている岡山には、古代から素晴らしい文化が引き継がれ、
豊かで安全な土地が与えられ、発展の可能性は無限大であることも、WSの航海で知りました。
これから始まる航海では、その岡山の良いところ・すごいところをたくさん探し出し、
楽しみ方を考え、夢をいっぱい語りたい。
そして、この岡山でよい人生をおくる生き方、WSという生き方を見つけたいと思います。


船員情報デッキ
スローガン 岡山の楽しさ見つけよう
①副船長 : 木村彰仁 ②航海長 : 近藤勝彦
③担当例会 9月、1月、5月
④事業内容
 岡山の楽しさ・楽しみ方を見つけ発振
 総務全般
 ワンダーシップ賞の推薦2件以上
 点字ブロックの日への協力
 新しい乗組員の発掘

航海図研究デッキ

スローガン 岡山の夢を語ろう
①副船長 : 岩堂仁志 ②航海長 : 松本達哉
③担当例会 10月、2月、6月
④事業内容
 岡山の夢を語り・作り・発信
 目的達成に必要な事業
 ワンダーシップ賞の推薦2件以上
 点字ブロックの日への協力
 新しい乗組員の発掘

社会,教育問題研究デッキ
スローガン 岡山のすごいとこ探そう
①副船長 : 黒瀬一雄 ②航海長 : 石川和子
③担当例会 11月、3月、7月
④事業内容
 岡山のすごいところ探して発信
 目的達成に必要な事業
 ワンダーシップ賞の推薦2件以上
 点字ブロックの日への協力
 新しい乗組員の発掘

生きがい・感動創造デッキ
スローガン 岡山で生きよう
①副船長 : 林 留美 ②航海長 : 浅沼 猛
③担当例会 12月、4月、8月
③事業内容
 岡山で生きようを発信
 沖新田物語の上演
 ワンダーシップ賞の推薦2件以上
 点字ブロックの日への協力
 新しい乗組員の発掘

今後のスケジュール

サイト内検索

 

QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

関連リンク

ヒカリカナタ基金

首都岡山