ワンダーシップとは

設立趣意

不惑の年が近づくと、人は自らが歩んできた足跡に問いかけ始める。ある人は溢れる充実感の中で、ある人は絶望の淵で、それでもこれからの生き方に思いを巡らせる。

そんなとき、「青春」の意味を問う古びた一編の詩が永遠の真実を教えてくれている。

人生の折り返し地点を行く我々にとって、今必要なのはステイタスのゴールでは無く、輝ける新たな未来を切り開くためのスタートラインなのだと。

永遠に理想を追い求める者たちが集える場所は、例えば一艘の帆船の上がいい。遙か彼方で光り輝く水平線を目指し、共に航海を続けよう。

とうとうと続く歴史の中、無限の宇宙の片隅でこの世に生を受け、同じ時代に同じ地域に生き合わせた奇跡に感謝し、社会のために、余すところなく生命を燃焼させその恩恵に報いんとするために、11名の同志とともにここに青春の会「Wonder Ship」を創設する。

平成18年11月6日

舟の画像

青 春

サミュエル・ウルマン
(山本 守 訳詩)


青春とは

人生におけるある一定の期間のことをいうのではなく
心の状態のことをいうのだ

言わば
張りつめた意志 イマジネーションの質の高さ
感受性の強さ 臆病心を払拭する勇気
惰性から一歩踏み出す冒険意欲があるかどうかだ

理想を失えば人は老いる
歳月は皮膚を萎えさせるが 失望は心を萎えさせる

悩み 疑い 自信喪失 恐れ 失望・・・・・・・・
積み重ねるほど人はうなだれ
前向きな心は 塵芥のごとく風化する

70歳だろうが16歳だろうが
人は”Wonder”な存在に吸い寄せられる
星 または 星のような輝きを放つものや思想
疑いようもないミステリーの謎解きの誰何に
甘いときめきを覚える
次から次へと旺盛に湧き出る子供のような好奇心
これぞ人生の喜びや楽しみそのものとは言えまいか

信念があればあるほど若く
疑惑があればあるほど老いぼれる

自信を持てば持つほど若く
心配すればするほど老いぼれる

希望があればあるほど若く
失望すればするほど老いぼれる

大地から 仲間から 宇宙から
君の魂が
美の賞賛や勇気や雄大さや力強さのメッセージを
受け止め続ける限り
君は若くあり続けるのだ

さて それら全ての青春の条件を放棄し
心の中心部までもが悲観の雪や皮肉の氷に覆われたなら
人はさすがに老いぼれてしまうしかないのも事実・・・・・・
神よ 願わくばそんな彼らの魂をあわれみたまえ

船長紹介


第11代船長 平林 実

組織図

2018年9月~2019年8月

テーマソング

船は何時に出るのか?

(音声を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。)

作詞 木原文男
訳詞 井上和宣
作曲 山本 守

 入り江つつむ静寂  降り注ぐ星辰
 耳澄ませば 君の声が 今も問いかける
 「船は何時に出る……船は何時に出るのか?」

 行く手閉ざす暗礁  迫り来る荒波
 斃れるまで 已むことなき 君の信念
 「船は何時に出る……船は何時に出るのか?」

 風を興せ帆を張れ  栄光の旅路へ
 行く手遙か 希望の灯を 再び燃やせよ

 船は今こそ出る 船は今こそ出るのだ
 船は今こそ出る 船は今こそ出るのだ

パンフレット